自動車業界も各メーカーで開発の方向が違い,ハイブリッド・電気・水素などの方式や全自動運転など力を入れる分野の優先度は様々なようです。
まず前提になるのは環境に負担がない事で次は省エネと安全性能といったところでしょうか。
高齢者の運転操作ミスによる事故も多発していて,安全性能を追求する事は直近の課題となっており,早く完成形に近い方式が出来る事が待ち望まれます。
燃料方式は電気が一番エコかなとは思いますが,大容量のバッテリーが必要でしようから廃車時のリサイクルや処分をどうするか道筋を考えて,素材の選択などをする必要があります。
太陽光発電でもそうなのですが数十年後に使えなくなったパネルをどうするのかという課題があります。
何の分野でも電気を発生したり溜めるという事には,それなりに有害物質を使用した機器が必要です。電気自動車のみならず各メーカーには使い終えた後にどう処理してその後に生かしていくかを熟慮して開発に臨んで頂ける事を期待します。
優秀な頭脳集団なので画期的な自動車を世に誕生させるかもしれません。即日融資 10万 キャッシング ランキング