我が家には娘用にAmazonプライムビデオを契約している。TSUTAYAで借りるより安上がりだし、何より子供連れて返しに行かなくていいから。

大抵子どもの好きなアニメとか特撮とか観てるんだけど、たまに昼寝の間とか子どもが寝た後とかは映画を観てる。月に3本観れればいい方だからそんなには観てないけど、ちょっとした息抜きになる。

今日は「世界一キライなあなたに」を観た。ウィル役のサム・クラフトリンがかっこよくて惚れ惚れする。一流の男性として生きていたのに事故で首から下が付随になってしまったウィル。生きる希望を無くしてしまった彼の世話役をする為に雇われたルイーザ。おしゃべり好きな真っ直ぐのルイーザの明るさにどんどんと心を開く、しかし彼は6ヶ月後にスイスで安楽死をしようと計画していた…。ルイーザやウィルの視点で観て泣いてしまい、そして何より子どもを持つ親としてウィルの親の視点でも泣いてしまった。心が苦しくて、今までにないラストは新たなな価値観を植え付けられたような気がした。何が正解なのだろう。それは自分自身の中にあるのかもしれない。なんだか今日はとっても考えさせられたな。

中学高校大学生の頃を思い出すと、よく漫画や小説を読みました。熱中すると夜中まで読んでいました。大学の頃読んでいた漫画はアフタヌーンなどに掲載されている物が多く、ハトのおよめさんなどのギャグ漫画も好きでした。小説は宮部みゆきなどの推理小説を好んで読んでいました。文学作品も気になるなと思っているような時、とある病気になり、本が一切読めなくなり、漫画も簡単な物もダメになりました。卒論だけで大学卒業できるという時に本が読めず思考も落ちたため大学も中退しました。そして時は流れ病気が色々改善したところで、ふと待合所で漫画を読みました。昔好きだったようなホラーの少女漫画です。昔のようにスラスラ、少し内容が抜けつつですが読めました。それを機に、本をまとめ買いしに行きました。吉本ばなななどの小説や人生論みたいな本を買いました。新しい作家さんなどはよく知らないので馴染のある作家さんに目が行きました。せっかく本を買ったので、少しずつでもいいので読めるといいなと思います。とりあえず暇な時間が活用できるのと、欲を言えば自分への投資でも読書したいです。病気がだいぶ回復して嬉しいです。アコム 即日融資 土日