底地は貸せていることには違いないことになります

底地というのは既に貸せている状態にあるわけですから、基本的にはかなりよいことではあります。しかし、はっきりいってそんなに高い利益率ではないということが圧倒的に多いことになりますから、これはかなり厳しいことになります。周りが発展している状態では、地代をあげるようにしたいところですが、これもかなり大変なことになります。もう一つ大事なこととしてあるのが、底地は相続可能である、ということです。つまりは、権利まで相続される可能性があるということであり、これはとてもつらいことになったりします。底地で大変なのは、特にいえることはどんな使い方をしているのかということでしょう。基本的に貸せているのはありがたいことではあるのですが、他に使う用途がしっかりとありそちらの方が収益率が高いのであればそちらにしたいと考えることは実に当然なことであると言えるでしょうからそちらの方が良いという選択をしたいと考える人が多いです。https://www.sandlerltd.co/zenshinK.html